githubからrubyをインストールする

古い32bitパソコン(LinuxMint OS)にもshopify-cliインストールできるかなと思って確認したら、最新バージョンで2.5.xでした。

shopify-cliのインストール要件がruby2.7以上なので、なんとかアップグレードしたいところ。

調べてみると、githubから直接ひっぱればaptより最新バージョンがインストールできそうだったので早速試します。

現行rubyの削除とgitの確認

あとで衝突すると面倒なので、とりあえず元々入っていたruby( apt install したruby)を消します。

# apt purge ruby

次にgitがインストールされているか確認します。このあとgit cloneでrbenv ruby-buildをインストールするので、gitが無ければインストールしておきます。

$ git --version
// インストール済なら、git version 2.25.1 のように表示
// なければ #apt install git

rbenvとruby-buildのインストール

rubyバージョン管理ツールのrbenvと、rbenvのプラグインであるruby-buildをインストールします。

$ git clone https://github.com/rbenv/rbenv.git ~/.rbenv
$ cd ~/.rbenv && src/configure && make -C src

rbenv –version でバージョン確認できたらOKです。

rbenvがインストールできたらpluginsディレクトリを作ってruby-buildもインストールしておきます。

$ cd ~/.rbenv/
$ mkdir plugins
$ git clone https://github.com/rbenv/ruby-build.git ~/.rbenv/plugins/ruby-build

rbenvにPATHを通す

rbenvでrubyを実行するためにPATHを通します。ここ間違ってるとrubyが使用できませんので、のちのちrubyが利用できないときは記述が間違ってないかチェック。

$ echo 'export PATH="$HOME/.rbenv/bin:$PATH"' >> ~/.bashrc
$ echo 'eval "$(rbenv init -)"' >> ~/.bashrc

$ source ~/.bashrc

Rubyインストール

rbenvとruby-buildが揃ったのでrubyをインストールします。

まずはrenvでインストール可能な最新パッケージを確認。

$ rbenv install --list

直近の3バージョンぐらいが表示されます。今回は2.7.5をインストール。ちなみに10分ぐらいかかります。休憩しておいてください。

$ rbenv install 2.7.5

コンパイルエラー

休憩から戻るとよもやのエラー。

  BUILD FAILED (Linuxmint 20.2 using ruby-build 20211203)
  .... was not compiled.
  .... was not compiled.

  Try running `apt-get install -y libssl-dev zlib1g-dev` to fetch missing dependencies.

素直に指示に従います。

# apt install -y libssl-dev zlib1g-dev

待っている間にzliblgを調べてみると、「zlib は gzip と PKZIP で使われている deflate 圧縮法を実装したライブラリ です。このパッケージは開発をサポートするファイルが含まれています。」だそうです。(引用元:https://packages.debian.org/ja/sid/zlib1g-dev

完了したら再挑戦 -> rubyインストール完了。

globalに設定しておきます。

$ rbenv global 2.7.5

最後に、rubyのバージョン確認できれば終了です。

$ ruby -v
// ruby 2.7.5

Author

ミフネWEBのロゴ

ネットショップ専門のWEBサイト制作事務所です(個人事務所)。

部分的なテンプレートカスタマイズから、高速化や機能追加、新規ショップ制作などECに関するいろいろを承ります。(軽微なカスタムなら5,500円〜)

ご依頼・ご相談は「お問い合わせ・ご相談」より随時承ります。